小規模多機能ホームとは
小規模多機能ホームとは

小規模多機能ホームとは

 「小規模多機能型居宅介護」とは、一つの事業所で24時間切れ間無く提供できるのが大きな特徴です。
「通い」「宿泊」「訪問」を組み合わせ、その方に必要な支援を「できるだけ自宅で」と考えるご本人、ご家族を支援しようとして創設されたものです。
 また「小規模多機能型居宅介護」はその住み慣れた地域に、安心して暮らし続けるためのサービスをお届けする拠点であると同時に、高齢者の方のみならず、地域の方々にとっても親しんでいただき、地域を一つの家として、やさしいまちづくりの拠点として在りたいという想いを込め、私たちは『小規模多機能ホーム』と記しました。
 年を取っても介護が必要になっても「可能な限り、長年住み慣れた自宅や地域の中で、家族や親しい人たちと一緒に暮らしたい」と願う方は少なくありません。
 これまでの生活を継続しながら本人の持っている力を活用し、本人の「○○したい」を実現しようという思いを持ち、個々の事情や要望に応じて、「通い」「宿泊」「訪問」のサービスを個別でも組み合わせても利用できる柔軟性が重要です。特に認知症を患っている方にとっては、小規模で様々なサービスを1カ所で提供することが有効だと言われています。
 小規模多機能型居宅介護は、そのような在宅での生活を送り続けたいというご本人、ご家族の想い、願いにお応えします。

サービス概要・特色

ご自宅に24時間・365日の安心を届けます

それぞれのご事情やご希望に応じて、「通い」「宿泊」「訪問」といったサービスを組み合わせて、生活や暮らし全体を通しての流れの中で困っていることは何か、「自宅での暮らしを成り立たせるため」に必要なことは何かを見極め、柔軟に支援していきます。

  • 「通い」で顔なじみとなったスタッフが「宿泊」や「訪問」の際にも対応します。
  • 環境の変化に敏感なお年寄り(特に、認知症の方)の不安を和らげることが出来ます。

だから

  • ご家族も安心してご利用できます。
  • ご本人やご家族の些細な変化に気づくことができます。
  • 状況を把握しているスタッフが対応するので、いざというとき心強い味方です。

利用環境

私たちが目指すこと

小規模多機能ホーム 福ちゃんの家は、本人の「どこでどう暮らしたいか」という願いや思いを大切にします。
「認知症になったから」「介護が必要になったから」という理由だけで、自宅での暮らしを諦めなくてもいいように、ご本人・ご家族に安心をお届けします。

しかしながら、 「ご利用者様の生活を支えること」は事業所だけでできることでは決してありません。今まで培われてきた友人関係、ご近所付き合いは、ご利用者様にとってはかけがいのないものであり、そのつながりのある暮らしを応援するためにも、継続的な地域との関わりを大切にしたいと考えております。ご利用者様に楽しく、生き生きと過ごしていただけるように、その方の役割を見出せるような環境作りに努め、サポートさせていただきます。

また子供からお年寄りまで、今だからこそまた自然な関わり、交流が必要だと感じております。小学校、中学校の通学路に事業所が立地しているという利点を生かし、地域のあらゆる世代の方々にも気軽に立ち寄っていただけるような事業所を目指します。その中で世代ごとの「地域での役割」を見出し、笑顔あふれるまちづくりに寄与できるよう努めて参ります。

TwitterInstagram